自宅で自分一人で脱毛したい人

脱毛というと今の日本では脱毛サロンでやってもらうのが主流だと思います。
今に季節に電車に乗るとミュゼプラチナムやC3など脱毛サロンの広告をよく目にしますね。
しかし、脱毛サロンではなく自宅で自分で脱毛ができないものかと考えている人もいるはずです。
理由としては

  • 行動範囲に脱毛サロンが無い
  • 予定しているよりも高額のコースに勧誘されそうで不安
  • 他人に体を見られるのが恥ずかしい
  • 脱毛サロンに通う時間がない

こういった理由などがありますね。

自分で脱毛するならケノンという家庭用脱毛器を使うことをおすすめします。
自宅で脱毛をする方法は他にも何かあるかもしれませんが、ケノンは脱毛サロンでやってもらうのと近い仕上がりが期待できます。
ケノンはフラッシュ式と呼ばれる方式の脱毛器でレーザー式よりも照射範囲が広く、照射時の痛みが少ないのが特徴です。
値段は数万円はするのでそんなに安くはないですが、1台でほぼ全身を脱毛できることを考えればそんなに高くはないはずです。
しかし、ワキだけ脱毛したいとか、ムダ毛が気になっているのはひざ下だけ、みたいな場合にはサロンでやってもらった方が断然安くすみます。

ケノンは一般の家電量販店には売っていないと思いますが、それでもネットでは購入者の評判はかなりいいです。
家庭用脱毛器でセルフ脱毛を考えているならケノンを選んでおけば間違いないと思います。

ケノンが一台あれば時間を気にせず自分のペースで、いつでも好きな時に好きなだけ脱毛ができます。

参考サイト:脱毛 自分でする方法

14.5mmサイズの日本製カラコン

日本製のカラコンを販売しているメーカーというのは今のところふたつだけです。
そのひとつがフォーリンアイズです。
フォーリンアイズには日本製のカラコンを発売する前から、標準サイズのレンズと小さめサイズのレンズというのがありました。
小さめサイズというのはレンズそのものが小さいのではなく、着色直径が小さいレンズのことです。
普通のカラコンだと瞳が大きくなりすぎてしまうという人にはこの小さめサイズが人気でした。
フォーリンアイズで日本製のカラコンが発売されたのは2014年ですが、小さめのカラコンは今でも日本製で発売されています。
そして、以前は無かったのですが、日本製のカラコンが発売されてから新登場した「フォーリンアイズ グランデ」というシリーズがあります。
このグランデシリーズは14.5mmサイズの大きめサイズのカラコンです。
ついにフォーリンアイズからも大きめサイズのカラコンが発売されたということです。
参考:14.5mmの大きめサイズの日本製カラコン

そしてもう一つの日本製カラコンメーカーがトラスティトラスティです。
このメーカーはフォーリンアイズと同じ会社が運営するメーカーです。
こっちの場合には標準サイズも小さめサイズも無く大きめサイズのカラコンのみを扱っています。
フォーリンアイズにも大きめカラコンがあり種類が豊富なので、こちらの方が分が悪いのですがこちらはフォーリンアイズよりも値段が安いというのが売りです。
やっぱり日本製カラコンは海外製カラコンに比べてどうしても値段が高くなってしまうので、欲しくてもなかなか手が出ない人もいます。
そういった人でも買いやすい日本製カラコンがトラスティトラスティです。

芥川龍之介(青空文庫) テスト投稿

一、語学の英露独など出来る事。但どの位よく出来るか知らず。  二、几帳面なる事。手紙を出せば必ず返事をくれるが如き。  三、家庭を愛する事。殊に母堂に篤きが如し。  四、論争に勇なる事。  五、作品の雕琢(ちょうたく)に熱心なる事。遅筆なるは推敲の屡なるに依るなり。  六、おのれの作品の評価に謙遜なる事。大抵の作品は「ありゃ駄目だよ」と云う。  七、月評に忠実なる事。

 次に中村(なかむら)君はかう云つてゐる。「芥川(あくたがは)氏は清閑は金(かね)の所産だと言ふ。が(中略)金のあるなしにかかはらず、現在のやうな社会的環境の中では清閑なんか得られないのである。金があればあるで忙(いそが)しからう。金がなければないで忙しからう。清閑を得られる得られないは、金の有無(うむ)よりも、寧(むし)ろ各自の心境の問題だと思ふ。」すると清閑なんか得られないと云つたのは必(かならず)しも君の説の全部ではない。心境は兎(と)に角(かく)金以外に多少の清閑を与へるのである。これも亦(また)僕には異存はない。僕は君の駁(ばく)した文の中にも、「清閑を得る前には先づ金を持たなければならない。或は金を超越しなければならない」とちやんと断(ことわ)つてある筈である。

 私も嘗て、本郷なる何某と云うレストランに、久米とマンハッタン・カクテルに酔いて、その生活の放漫なるを非難したる事ありしが、何時か久米の倨然たる一家の風格を感じたのを見ては、鶏は陸(くが)に米を啄(ついば)み家鴨は水に泥鰌(どじょう)を追うを悟り、寝静まりたる家家の向う「低き夢夢の畳める間に、晩くほの黄色き月の出を見出でて」去り得ない趣さえ感じたことがある。愛すべき三汀、今は蜜月の旅に上りて東京にあらず。…………

 僕は路ばたの砂の中に雨蛙(あまがへる)が一匹もがいてゐるのを見つけた。その時あいつは自動車が来たら、どうするつもりだらうと考へた。しかしそこは自動車などのはひる筈のない小みちだつた。しかし僕は不安になり、路ばたに茂つた草の中へ杖の先で雨蛙をはね飛ばした。

     ×

 僕は風向(かざむ)きに従つて一様(いちやう)に曲つた松の中に白い洋館のあるのを見つけた。すると洋館も歪(ゆが)んでゐた。僕は僕の目のせゐだと思つた。しかし何度見直しても、やはり洋館は歪(ゆが)んでゐた。これは不気味(ぶきみ)でならなかつた。